寝すぎには注意が必要!? 睡眠についての情報

cfebb1713f0b

寝すぎには注意が必要!? 睡眠についての情報

寝ることは健康のために必要であることは間違いないのですが、「寝すぎ」には注意が必要なのをご存知でしょうか。休日にたっぷりに寝て、起きたら身体が重かったり、頭が痛かったりする方も多いのではないでしょうか。寝すぎてしまうことで、体調が悪化してしまうなんてことも、、、。今回は寝すぎてしまうそのケースとではどのように改善すべきかを解説させていただきます。

寝すぎになるケースとは?

寝すぎてしまうにも要因がいくつかあります。その要因を幾つか挙げてみましたので、該当事項あるか確認してみて下さい。

●心身ともに疲れ切っているケース
こちらは寝すぎの要因で一番多いケースです。一時的に疲れしまうケース(前日に激しいスポーツをしたなど)を除き、慢性的に疲れが溜まり、毎回寝すぎてしまう方は特に注意が必要です。

●風邪などの体調不良によるケース
こちらは身体を休ませるために仕方がないので、特に気にする必要はありませんが、体調が良くなってきたのに寝すぎてしまう方は、一度睡眠環境を見直してみる必要があります。

●カフェインが含んでいる物を摂取しすぎているケース
主にコーヒー、紅茶などに含まれるカフェインですが、取りすぎてはいないでしょうか。適度に取る分は問題ないのですが、頻繁に摂取することでカフェイン中毒となり、寝つきが悪くなるといった悪影響が出てくる恐れがあります。それにより寝すぎてしまうことがあります。

●運動不足によるケース
運動するということは、適度な疲れを身体に与えることで、心身共にバランスを保っています。運動を何もしていない、運動不足の方は心身のバランスが崩れやすく、その分、睡眠のバランスも崩れやすい状態となり、結果寝すぎてしまうことがあります。

●ロングスリーパー体質
こちらは遺伝的なものになりますが、中にはロングスリーパーという常時10時間程度の睡眠時間を必要とする方がいるというデータがあります。体質によるものですので気になる方は家族にそのような方がいるかどうか、確認してみて下さい。

寝すぎをどう対策するか?

睡眠時間を長く取ることで、良い睡眠が取れるかというとそうではありません。もちろん短すぎるのも身体に悪影響ですが(ショートスリーパーの方は除く)、しっかりとした質が大事になります。対策方法ですが、簡単にできるものを中心に幾つか挙げてみました。

●適度な昼寝をとる
お昼休みの時間中に、約20分程度の昼寝をとることで身体はリフレッシュされ、夜の睡眠での質が上がりやすくなります。短い睡眠になりますので、いすにもたれる状態もしくは机にうつ伏せになる姿勢で寝ることがポイントです。

●使用している寝具を見直してみる
寝具を使っていて、何か違和感を感じる場合は、寝具を取り換えてみましょう。自分の体格にフィットした枕や布団を使うことで、気持ちの良い眠りにつきやすいので、まずは確認をしてみましょう。

まとめ

22553b9a0
睡眠というのは、身体の疲れや溜まっているストレスを軽減するために必要なものです。寝すぎは、1日の時間を無駄にしてしまうことに加え、体調も悪くしてしまう原因にもなります。ですので上記を参考にしていただき、少しでも快適な1日を過ごして頂けたら幸いです。

寝すぎには注意が必要!? 睡眠についての情報

 

睡眠について学んでみよう!

一説によると人間の人生において睡眠時間は1/3を占めているといわれています。 十分な睡眠時間をとること、質の高い睡眠を実現することは私たちの心と身体に 大きな影響を与えます。 健康な毎日を送るために欠かせない睡眠について学んでみませんか。

睡眠資格を取るメリット

睡眠資格をとるメリットをご紹介しています。睡眠の資格について興味がある方は、まずこちらをご覧ください。

coffee-2351440_640

睡眠について学ぶことのご自身の健康、大切な人たちのQOL向上(生活の質の向上)を目指してみてはいかがでしょうか。

お勧めの睡眠資格

スリープケアカウンセラー養成講座

mattress-2489615_640

通信講座のたのまなの提供する睡眠資格では、睡眠の正しいメカニズムと知識を身につけることが可能です。

睡眠トラブルを抱える方にむけたカウンセリングを行うスキルを目指すならこの講座

詳細はコチラ

睡眠コンサルタント

woman-2197947_640

日本最大級のオンライン資格・通信講座ポータルformie(フォーミー)の提供する睡眠資格

快適な睡眠のプロフェッショナルを目指すためにお勧めの講座です。

詳細はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

オススメの睡眠記事

  1. カロリー

    2017-7-26

    カロリー摂取は睡眠中でも行われている

    人間は1日の生活でどれくらいのカロリーを摂取し、それをどのように消費しているでしょうか。一般的に成人…
  2. コンサルティング

    2017-6-26

    睡眠コンサルタントとは 睡眠についての情報

    睡眠コンサルタントの仕事内容と資格について 睡眠というのは、人々の生活に欠かせないものであり、毎日…
  3. 睡眠

    2017-6-26

    美快眠セラピストとは 睡眠についての情報

    美快眠セラピストの資格や仕事内容について 不眠で悩んでいる方は多く、自身で環境を変えてみたりと、熟…
  4. 指導する

    2017-6-23

    睡眠健康指導士とは 睡眠についての情報

    睡眠健康指導士の内容と講座について 睡眠をとる際には、眠る時間といったボリュームももちろん重要にな…
  5. 診断

    2017-6-23

    睡眠環境診断士とは 睡眠についての情報

    睡眠環境診断士の内容と資格取得方法 睡眠というのは、その環境にも左右されることが多く、環境が悪く熟…
  6. カウンセリングルーム

    2017-6-23

    スリープケアカウンセラーとは 睡眠についての情報

    スリープケアカウンセラーの内容と仕事について 睡眠はもちろん人間にとって必要なことであり、人は人生…
  7. 52bab80b748

    2016-10-24

    寝すぎてしまう要因とは 睡眠についての情報

    寝すぎてしまう要因とは 睡眠についての情報 平日は朝早く、夜遅い生活が続いている方は、休日になると…
  8. img_4022

    2016-10-21

    遮光カーテンの意外な落とし穴 睡眠についての情報

    光や熱を効果的に遮ってくれる遮光カーテン、窓から入ってくる紫外線からもお肌を守ってくれる強い味方であ…
  9. 毛布

    2016-10-18

    毛布の素材別の特徴 睡眠についての情報

    毛布は素材により、肌触りや機能性が大きく異なります。自分に合う毛布を見つけるために、どんな素材がある…
  10. a52c44c38c

    2016-10-17

    眠りが浅い要因とは 睡眠についての情報

    眠りが浅い要因とは 睡眠についての情報 眠りが浅い要因は? 良い睡眠というのは、眠りの浅い状態、…

ピックアップ睡眠記事

  1. 快眠グッツ
    睡眠をより快適にするため自分にあった枕やマットなどのグッズを選ぶとき、種類がたくさんあってどれを買お…
  2. アロマ
    皆さんは好きな香りを嗅いだとき、「いい匂い・・・」「癒される・・・」と感じたことはありませんか。また…
  3. コンサルティング
    睡眠コンサルタントの仕事内容と資格について 睡眠というのは、人々の生活に欠かせないものであり、毎日…

睡眠に関するツイート

ページ上部へ戻る